霊園は民営の公営のどちらがいいのか?それぞれのメリットを紹介

サイトマップ

霊園の風景

霊園選びは故人の希望を反映させましょう

お墓を掃除する子供

霊園選びというと難しい印象が有りますか。まず霊園と一口に言ってもいくつかの種類が有ります。これから購入予定の方は、知っておいた方が良いでしょう。管理の仕方は大きく分けて民営霊園・公営霊園・寺院墓地という形に分かれています。まず民営霊園は、民間の業者が管理する霊園です。
石材店を指定される場合も有りますが、墓石のデザインを自由に決めることが出来ます。公営霊園は市や県が管理する霊園で、募集数などが限られる場合が有りますが管理や運営がしっかりしています。寺院墓地は、寺院が管理する霊園です。檀家という形でそのお寺に所属するような形となっており、丁寧な供養をしてくれます。このようにそれぞれの特徴を踏まえた上で自分の価値に合う管理方法の霊園を選ぶ必要があります。また近年では故人の希望も多様化しています。その希望を埋葬スタイルや墓石に反映させる方も増えています。墓石の形を従来のような四角だけでなく生前好んでいたものの形にするなどです。
墓石に好きな文字を刻む方もいます。また樹木葬やペット共に入るかたもいます。このようにある程度自由にできる墓地の需要は高まっています。霊園を選ぶのは大きな買い物になります。故人の希望がなるべく沿うような霊園を見つけることが大切な供養の形となります。後悔しないよう霊園選びは慎重に行いましょう。

生前予約ができる霊園を選ぶときのポイントをおさえておこう

現在は家族のスタイルの多様化により、自分自身で何でもする時代になりました。そんな中で生きているうちから死後のことを考えたり、亡くなる準備をする終活が主流となっています。終活を行っている方が一番気になる事といえば、どの霊園を選ぶかということではないでしょうか。霊園は従来ならば亡くなってから家族が選ぶものとされてきましたが、今は生前予約ができる霊園が増えてきており、予め霊園を決めてしまってお墓を設置するという方も増えています。
生前予約ができる霊園は年々増加しているので、どの霊園を選べばいいのか迷ってしまうと思いますが、霊園を選ぶときにおさえておきたいポイントがあります。それは、宗教や宗派を確認すること、どんな立地で周りの景観はどういったものなのかということ、霊園の価格や管理費といったポイントを自分の希望と照らし合わせて確認すると良い霊園が見つけられるでしょう。亡くなる前から希望の霊園を選んでおけば、家族に心配をかけることもないですし、自身も不要な心配をすることがなくなります。
霊園の生前予約がしたいと思ったら、霊園を選ぶときのポイントを参考にして、良い霊園を見つけてみてください。きっと自分のためにも、家族のためにもなるでしょう。

終活を考えているシニア層に注目されている霊園とは

60歳以上のシニア層は終活にも強い興味を示しており、財産の相続や霊園に関する情報も積極的に集めています。先祖の遺骨が納められている墓地をそのまま継承している人も多いですが、子供や孫のことを考えて新たに霊園を探すシニア層も増えています。特にお墓参りの負担を軽減したいと考える人たちは、自宅から電車や自家用車などで1時間以内で行ける場所の墓地を選んでいます。
送迎バス付の大型の霊園は、利便性を重視する人たちにとりわけ大人気です。また寺院が直営するお墓は宗派の制限があり、檀家としての負担が大きくなるという問題があります。一方で宗派不問で利用できる霊園は、年間管理費も割安であり寄付なども不要な点が魅力的です。
ポータルサイトを利用すると、親族の負担が軽減できるような墓地も簡単に見つけることができます。子供の負担を軽くしたい場合には、管理費の長期前払いが可能な墓地を選ぶのがポイントです。また将来的に大地震でお墓が倒壊するリスクも考えられるので、耐震性に優れた墓地や納骨堂の人気も高まっています。
公園型の墓地を選ぶときには、しっかりとした地盤のエリアに立地している点にこだわるべきです。また最新の建築基準で建てられているビル型の納骨堂は、悪天候でも気軽にお参りできるのが人気の秘密です。


将来を見据えた広島の霊園選びでお悩みなら【大空石材のメモリアルパーク】に相談してみてはいかがでしょうか?お墓の改葬・引っ越しにも対応していますよ。

おすすめ情報

仏花

霊園選びは担当者としっかり相談しよう

霊園は通いやすさ、ルールや運営している団体など色々チェックするところが多いですよね。それだけに…

もっと知ろう
合掌する人

霊園の見学でよく見ておくべきポイントとは

霊園を選ぶ際に必ず利用したいのが事前の見学です。写真や動画だけではどうしても良いところしか目に…

もっと知ろう
鬼灯

霊園選びはお墓参りのしやすい環境で選ぼう

霊園を選ぶ際のポイントは、公営墓地や民営墓地といった種類のほか、交通の便や管理が行き届いている…

もっと知ろう
線香

後世に迷惑を掛けない霊園はどう探すべきか

今の日本は言わずと知れた少子高齢化社会と言われています。人間は必ず死を迎えます。死後は霊園で安…

もっと知ろう