霊園は民営の公営のどちらがいいのか?それぞれのメリットを紹介

サイトマップ

霊園の風景

後世に迷惑を掛けない霊園はどう探すべきか

線香

今の日本は言わずと知れた少子高齢化社会と言われています。人間は必ず死を迎えます。死後は霊園で安らかに眠りますが、同時にお墓を管理する人間が必要となります。管理者は必然的に夫婦であればパートナーもしくは子供や親戚となります。現在は女性も働く世の中であり、若年層の方々は仕事や育児に多忙を極めます。
その様な中でご先祖様の存在というのは、忘れたくなくとも日に日に忘れてしまう現状であります。無煙仏や管理者不明とならないためにも霊園選びは後世のことまで考える時代になってきています。東京都内など人口密集地帯では、お墓の増加により希望する霊園に入れない状況もしばしあります。
その様な時は、後に管理者となる人に必ず相談することをお薦めします。相談なしでの一方的な購入や無煙仏などのリスクを大きく高めます。後世にあたる管理者の現況(職場での転勤有無、将来的に遠方での居住希望、奥さんの生活状況)をしっかりと把握し、話し合った上での購入がリスクの低減に繋がります。
霊園は一度その場所に決めてしまうと移動を行うにも工学な費用や面倒な申請が多々発生します。管理者の傍に置いておける立地条件こそ、皆が苦労なく幸せにお墓を守れることとなります。

おすすめ情報

仏花

霊園選びは担当者としっかり相談しよう

霊園は通いやすさ、ルールや運営している団体など色々チェックするところが多いですよね。それだけに…

もっと知ろう
合掌する人

霊園の見学でよく見ておくべきポイントとは

霊園を選ぶ際に必ず利用したいのが事前の見学です。写真や動画だけではどうしても良いところしか目に…

もっと知ろう
鬼灯

霊園選びはお墓参りのしやすい環境で選ぼう

霊園を選ぶ際のポイントは、公営墓地や民営墓地といった種類のほか、交通の便や管理が行き届いている…

もっと知ろう
線香

後世に迷惑を掛けない霊園はどう探すべきか

今の日本は言わずと知れた少子高齢化社会と言われています。人間は必ず死を迎えます。死後は霊園で安…

もっと知ろう