霊園は民営の公営のどちらがいいのか?それぞれのメリットを紹介

サイトマップ

霊園の風景

霊園選びは担当者としっかり相談しよう

仏花

霊園は通いやすさ、ルールや運営している団体など色々チェックするところが多いですよね。それだけに、どこを選べば良いのかわからず時間がかかってしまうケースも少なくはありません。そんな時は担当者の方としっかり話し合うことをおすすめします。
どこの霊園でも基本的に窓口になる担当者やコンサルタントの方がいます。その霊園の顔、代表となる方々ですね。知識量が豊富であることが最低条件なので、悩み事など相談するのがおすすめです。担当者が知識豊富で応対が良いというのは、良い霊園を選ぶ上で条件の一つとなりますよ。やはり管理側に良いスタッフがいるかどうかというのはとても大切なことなんです。
話し合いの際には資料をチェックしましょう。資料も無くただ淡々と説明するような方はちょっと不親切ですよね。資料を用意しながら丁寧に説明してくれるところを選びましょう。また、ありがちなのが簡単な説明だけで終わってしまうケースです。最近はある程度のことはインターネットで調べることが出来ますので、一歩進んだ情報を教えてくれるような担当者さんが良いですよね。例えば普段の交通情報だけではなくお盆の混み具合など、そういった一度では判断しきれないようなポイントをしっかり聞いて確認するようにしましょう。

おすすめ情報

仏花

霊園選びは担当者としっかり相談しよう

霊園は通いやすさ、ルールや運営している団体など色々チェックするところが多いですよね。それだけに…

もっと知ろう
合掌する人

霊園の見学でよく見ておくべきポイントとは

霊園を選ぶ際に必ず利用したいのが事前の見学です。写真や動画だけではどうしても良いところしか目に…

もっと知ろう
鬼灯

霊園選びはお墓参りのしやすい環境で選ぼう

霊園を選ぶ際のポイントは、公営墓地や民営墓地といった種類のほか、交通の便や管理が行き届いている…

もっと知ろう
線香

後世に迷惑を掛けない霊園はどう探すべきか

今の日本は言わずと知れた少子高齢化社会と言われています。人間は必ず死を迎えます。死後は霊園で安…

もっと知ろう